日本株・米国株・投信積立。投資の日々を綴っています

ZAiの別冊付録“米国株スタートガイド”を読みました。

こんにちわ、みみです。

先日購入したZAi8月号

ダイヤモンド ZAi (ザイ) 2014年 08月号 [雑誌] (人気株500激辛診断。桐谷さんの一目惚れ優待株(8・9月権利確定編)。金森さんのふるさと納税失敗マンガ&夏の特産品ランキング(牛肉・果物・魚・ビール等)。割安度・成長度・収益度ランキング。初心者も! 業績&チャートなど儲かる株の探し方。日本株予測・年末の目標1万6450円。保険・家・通信費など100歳まで貧乏知らずのお金ワザ。10万円株・高配当株・優待株ベスト21。全銘柄の理論株価。米国株入門。四季報に対抗。バフェット。)





別冊付録が“米国株スタートガイド”で入門書のようなものです。

実は夫が興味を持ち、熱心に見ていたので米国株は夫の担当。とおまかせ気分だったのですが、せっかくなので私も勉強してみようかと思い、読み始めました。

するとまぁ、いいことずくし。米国市場の成長性を大絶賛w
確かに様々な投資本&Blogにも同じような事が書かれていました。のせられやすい私は、もう今すぐにでも取引したい気分になってしまいました。

ここで
日本株と米国株の大きな違いを整理すると、

まず大きいのが
最低購入資金
日本株→単元単位の購入(10万以上が主流)
米国株→株価自体が最低購入価格(1株から買える)

売買に関するコスト
日本株 → 売買手数料
米国株 → 売買手数料 + 為替手数料

決算期
日本株 → 3月決算が多い
米国株 → 12月決算が多い

配当
日本株 → 年に1、2回が多数
米国株 → 年に4回が多数(すごいっ)


ほかには、米国株には値幅制限がないので、日本株のようにストップ高、ストップ安はない。その分、大幅な上昇や下落もあり。ハイリスクハイリターン型。

米国株の取り扱いがあるネット証券が
マネックス証券楽天証券SBI証券とあり、手数料が安く取り扱い銘柄が多いのがマネックス証券
あと、特定口座の源泉徴収あり(確定申告不要)に対応しているのもマネックス証券
この付録の裏表紙もマネックス証券

つまり、マネックス一押し。w

確かに付録を読み終わると、マネックス証券に口座開設しようか、資料取り寄せなくっちゃ、と思ってしまいましたがw
まだまだわからない事も多いので勉強しながら、まずは口座を持っているSBI証券から始めてみようかな。と思います。

GAPCOACH や TIFFANY がほしいな♪w

今日もお読み頂きありがとうございます。良い一日(明日)を。

ランキング参加しています♪
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ




スポンサーサイト
5:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
6:
ブログ管理人様

初めてメールさせて頂きます。
そちらのサイトに当社広告の掲載を検討しておりご連絡させて頂きました。

当社が用意するアフィリエイトプログラムは順来のアフィリエイトと比べても高額報酬・当社からの情報伝達・サポートを徹底しており、ご紹介頂けるアフィリエイター様にも満足頂ける内容を用意しております。(お一人紹介あたり最大25,000円お支払いしています)

今のサイトに少し手を加えて紹介記事を書いて頂くとアフィリエイター様に合わせた報酬をお支払いしています。

面倒なお手続きは一切必要ございません。

ご興味ありましたらその旨、以下メールアドレスまでお返事頂けますでしょうか。

【アフィリエイト詳細希望】とお送り下さい。

affiliate.bo@gmail.com

宜しくお願いいたします。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
PR

プロフィール

みみ

Author:みみ
日本株・米国株・インデックスファンド・金積立等で資産運用中。

参加しています

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

A8

一休.com